読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんまるオシリのお月さま

健康とか人生とか悩みとかお尻とか

「時間を金で買う」について

雑感

 

どうも

 

ささやんです

 

f:id:sasataaaaa:20160305220707j:plain

 

 

 

今日はご要望の多かった(ホントはないけど)お金と時間に対する僕の考えついて書いていこうと思います。

 

ということで、テーマとして「残業代」について考えてみたいと思います。

 

 

なぜ急に残業代!?と思う人もいるでしょうが・・・

 

 

 

理由はありません!!

僕も自分で驚いています。「あー、なんで残業代について書いてるんだろ?」って。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルにも挙げた「時間を金で買う」という言葉

 

 

これはよく仕事のできる人や自己啓発系の人から聞くことが多い言葉だと思います。

 

 

 

 

 

無駄に時間のかかる作業は、お金を払ってでも誰かにやってもらった方がいい。

その時間で自分は別の仕事を進める。

 

 

「苦労は買ってでもしろ」という言葉の通り、お金を払ってでも何かの経験をしていく方が、後々それが礎となり成長できる。

 

 

 

このような言葉を良く聞きます。

 

 

 

 

この意見には僕も賛同です。

 

特に若いうちにはやはり「苦労は買ってでもしろ!」と思いますし、自分にも言い聞かせています。

 

 

 

「お金」は目に見える分かりやすい価値です。

 

それに比べ、「経験」は目には見えない分かりにくい価値です。

 

 

 

だからみんな「お金」が大切だと短絡的に捉えてしまう。

 

 

しかし、人間的な成長というものを考えた際は目の前の「お金」よりも

時間を使って得た「経験」の方が何倍にも価値があると思います。

 

 

お金はお金。100円は100円であり、1万円は1万円です。

 

 

しかし100円で買った経験は「0円にもなるし、100万円にもなる」

1万円で買った経験も「0円にもなるし、100万円にもなる」

 

と僕は思います。

 

 

 

 

 

 

 

さて、気付いた人もいるかと思いますが、

 

 

 

僕はここまで「残業代」についての話しをすると言っておきながら、していません。

 

 

 

 

 

でも気付いた人は気付いていると思いますが、この話しは残業代でも同じことが言えます。

 

 

 

 

残業代とは「残業時間」×「時給」で出されます。

 

 

要するに時間でお金を稼いでいるわけです。

 

 

 

 

 

僕はこの残業代という制度がとても嫌いです。

だってお金を「価値」だと考えると、残業代というのは「時間」に価値を置いているわけです。人ではなく、時間にお金を支払っているということ。悔しくないですか?

 

 

 

仕事が早い出来る人間ほど、残業はしなくて良い。

仕事ができないダラダラしている人間ほど、残業が増える=給料が増える

 

 

という構図になってしまいます。

 

 

 

ここで葛藤が生じる人は少なくないと思います。

 

 

「残業代が出る」という環境にいることで、無駄に残業をしてしまいたくなる気持ちも分からなくないですが、それは「お金を時間で買ってる」状態。

 

 

それよりも、残業代を犠牲にしてでも仕事を迅速に終わらせるスキルを身につけること。そして残業がないことで作り出した時間を、有意義に自己投資に使うこと。

これは要するに「時間を金で買う」状態であると思います。

 

 

 

僕はこうありたいと、自分に言い聞かせています。

 

 

今現時点では、人よりも給料は少ないかもしれません。

でもこうして作った時間で読書をしたり、こうしてブログを書いたり何か作業をしたりと、自己投資することで、将来に繋がればいいなと思います。というか繋げていきます。