読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんまるオシリのお月さま

健康とか人生とか悩みとかお尻とか

自分を作る。軸を作る。

雑感

 

「自分の軸を持ちなさい」

 

 

こんな言葉をよく聞くけれど、実際よくわからん!って人はいませんか?

 

 

僕はそうでした。

 

 

どうも。

 

 

ささやんです

 

f:id:sasataaaaa:20160305220707j:plain

 

 

 

今では「自分の軸」という言葉を自分なりに定義できたので、まとめてみようと思います。

 

 

 

 

 

まず軸とは何か?ということですが、軸というのは例えば「回転する物体における運動軸」など使われ方がありますね。

 

 

f:id:sasataaaaa:20160424163301j:plain

 

 

つまり軸によって軌道がブレずに運動できるわけです。

 

軸がなければブレブレになり、どこへ向かうか分かりません。

 

 

 

 

なので「自分の軸」というのは、自分の中でブレない【美学】と言い換えることもできますし【自分のルール】とも言えると思います。

 

 

 

 

 

そして「ブレない軸」というのは、あくまでも「ガチガチな頑固なもの」ではなく、あくまでも抽象的な方向性ということだと考えます。

 

 

 

 

 

 

例えば、「将来的には海外の貧しい村で医者として人助けをしたい」と言っていた人が、急に「やっぱり自分で会社を設立して、貧しい国の人を支援する」と方向転換したら、それは軸がブレてるのでしょうか?

 

 

ここにはあくまでも軸としての「海外の貧しい国への支援」といった抽象的な方向性があります。

 

 

 

 

医者にしても、会社設立にしても、それらは手段であり具体的なもの

 

 

その具体的な手段にこだわって囚われてしまえば、非常に視野の狭い行動しか取れなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

なので、「自分の軸」というのはあくまでも

 

・抽象的な方向性であり、

・自分の美学であり

・自分で決めたルールであると思います。

 

 

 

「自分はお金より時間を大切にして行動する」というのもルールであり、軸である。

 

「自分は自身の名誉よりも、目の前の相手の笑顔を優先する」というのも美学であり、軸である。

 

 

要するに、何か目の前に選択肢があった際、軸があればその軸に沿った方を選択していけば良いわけです。

 

 

 

そのためには「自分はどんな人間になりたいか?」を想像し、

 

そんな自分になれるようなルールを決めていけば良いのです。

 

 

 

 

自分探しの旅に出たって、自分は見つかりません。

 

 

自分は作っていくものです。

 

なりたい自分を作っていく。そのルールや美学が「自分の軸」であると思います。