読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんまるオシリのお月さま

健康とか人生とか悩みとかお尻とか

自分探しの旅は部屋でやれ!

自己紹介 ブログ

 

 

どうも。

 

 

ささやんです。

 

f:id:sasataaaaa:20160305220707j:plain

 

 

今日は僕が最近「自分は何物なのだろう?」と病んでる風な考え事をしていた時に、取り組んでみたことを紹介します。

 

 

紹介するのは「やって良かった」と思ったからです。

 

 

僕が紹介するものは基本的に「自分が良いと思ったもの」か「これは有り得ない!」と思ったもの。

食べ物で言えば、美味しいものか、個性が飛び抜けているもの。

 

 

「とびきり美味しいもの」ではなく「普通に美味しい方だな」くらいのレベルのものも紹介しちゃいますので、ご了承ください。

 

 

 

 

そんな「普通に美味しかった」レベルの取り組み

 

 

〜自分を振り返る〜

 

手軽さ   ★★★☆☆

オススメ度 ★★★★☆

 

目的:自分のこれまでの性格の変化や行動、長所や短所などを客観的に振り返ることで、自分自身の潜在的な特徴を知ること。

 

 

【ささやんの場合】

 

[幼少期]

内気な性格

泣き虫

同性から人気があった

人見知り

 

[小学校]

なおやブー君との出会いで性格が徐々に変化

先生に怒られることが増える

人を笑わせることが好きになる

下ネタ大好き

「面白い」と言われるのが好きだった

「変わってるね」と言われることが増えたけど、その言葉は嬉しかった

バスケを始めた

バスケでは中々自分に自信がもてずに消極的な選手だった

人見知り

人前で話すのは超苦手

 

[中学校]

中学からの友人には「下ネタ博士」的な印象をもたれる

バスケは楽しい

朝練はだれよりも早くから開始

しかし相変わらず消極的

自分が一生懸命やっていたバスケをきっかけに、気に食わない友達をいじめた

その友達とは最終的にはまた仲良くなれた

割と学年の誰とでも仲良かった

恋愛は消極的

人見知り

ネガティブシンキング

 

[高校]

ケガをして入院

復帰してからはバスケがつらかった

試合に出たいと思えないほどモチベーションが上がらなかった

だけど辞めたいとは一度も思わなかった

気に食わない奴をいじめていた

その場のノリで後先考えずに決断することが多かった

相変わらず下ネタ好き

しかし恋愛経験ゼロ

ブログを少し始める

人見知りは多少改善

基本ネガティブ

 

[専門]

勉強は自分なりに努力

バイトはそれなり

ブログに挑戦するもあまり続かず

「誰かのため」というモチベーションだと何でも頑張れることに気付く

相変わらず下ネタ好き

初めて彼女ができる(今の奥さん)

人見知りは年上の人にのみ

同級生や後輩には人見知りしなくなった

基本ネガティブ

相変わらず人前で話すのは苦手

 

[社会人]

読書するようになる

勉強会にお金を費やす

毎日体操する

ブログをある程度マジメに書き始める

結婚して子供ができる

相変わらず下ネタ大好き

人見知りはかなり克服

セミナー講師などで人前でも話せるようになる

ポジティブに物事を受け入れられるようになる

それによって生活でストレスがほぼなくなる

 

 

 

簡単にですが、この「自分を振り返る」という取り組みを通して様々なことに気付きました。

 

 

小学生の時に、「下ネタを言えば人は笑ってくれる」ということに気付き、それがそのまま思い込みになり、現在の僕があるのだと気付くことができました。

 

基本的に「いじめっ子」であり、きっと正義感が強かったのだと思う。その正義感は勝手な思い込みによって作られたものだと今は気付いている。当時いじめていた彼らに謝りたい。

 

ブログは高校生の頃にはじめ、何度か閉鎖しては新たに始めるということを繰り返したようです。社会人になってからも、このブログは3つめ。

mixiとかTwitterで発信することも昔から好きでした。文章を書くのが好きなようです。

 

そして基本的に僕の性格は「最前線で突っ走って目立つ」というタイプではなく、そういう人をバックアップする。陰で誰かをサポートする。そういった役割が向いているのだろうということに気付きました。

 

 

 

 

 

こんな潜在的な自分の特徴を改めて発見できたので、これからはそれを考慮して

「自分のもつ知識・経験」を「下ネタを交えながら」伝えていければいいかなって思っています。

 

 

あれ、

 

なんか間違った方向に進んでいないか?

 

 

 

 

まぁいいか。