まんまるオシリのお月さま

カラダのコトとか人生とか悩みとかお尻とか

愛を込めてコテカをプレゼント

人は皆それぞれ、自分の価値観を基準に生きている。

 

価値観があるから物事を判断できる。

価値観があるから嬉しい事や後悔する事もある。

これは人間が人間らしく生きる上で必要なものだ。

 

 

しかし厄介なのは、その価値観が世界共通だと思い込んでいる人だ。

そういう奴はたいてい正義感が強く、自分の思い通りに行かないとすぐに泣く。

 

 

よく小学生の頃に先生が「自分がされて嫌なことは人にするな!されて嬉しいことをしろ!と言って教育していた。

 

 

これは自分と価値観が似た相手に対してならとても有効な方法だ。

価値観が同じであれば、されて嬉しい事や嫌な事も大体同じだからだ。

猫のように1日中コタツで寝ている奴には、キャットフードをあげても喜ばれる。

 

 

 

だけど、価値観の異なる相手の場合はどうだろうか。

全然興味のないマンガを「これ面白いよ!」ともらっても、その相手のことをよっぽど好きでもない限り、嬉しくないし読まないだろう。そんな経験誰もがしたことがあるのではないか。

 

やはり他人への行いというのは「大きなお世話」以外の何物でもないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

澤井は非常に真面目な青年だった。

 

高校時代はラグビー部で花園にも出た経験を持つ。一見細身であるが、よく見れば筋肉が引き締まっている「細マッチョ」の教科書的な体型だ。

 

 

職場でも成績優秀な彼は、海外への大事な出張を任されることもしばしばある。英語は堪能であるが、最近は通勤電車で中国語の勉強もしている。熱心な男だ。

 

 

職場へは毎朝一番乗りしてその日のスケジュールをこまめにチェックし、1日の流れをシミュレーションまでするほど「準備」を大切にする男だ。無論、彼女とのデートの際のレストランもラブホも「下見済み」である。ここまで来ると異常だ。

 

 

 

そんな澤井にもやはり人には知られたくない部分が存在する。

光があれば、影がある。

表舞台で活躍する人間には、裏の顔も存在する。

 

透明感抜群のパーフェクトな人間などそうそういないのだ。

 

 

 

 

 

澤井は真面目で優秀な人間である傍ら、女装癖があった。

 

実はこういう人はよくいる。

最近は秋葉原などに「女装サロン」というものまで出てきているそうだ。

 

matome.naver.jp

 

 

「心が落ち着く」

「気分が高まる」

「クセになる」

 

いろんな声が聞こえてくる。

 

 

 

ちなみに今年1月には女装しながら陰部を露出していた73歳のじいさんが逮捕されている。「陰部を出して歩くのがクセになってしまった」という衝撃的な発言を残して・・

 

 

 

そう。

 

世の中にはいろいろな人がいる。

 

 

 

自分の理解に収まらない人などゴマンといるし、むしろ自分が他人を理解できるなどと思うことがおこがましいのである。

 

 

 

 

 

どんな真面目な人間にも裏の顔がある。

 

一緒に暮らしている家族にだって、見せられない顔がある。

 

 

仲の良い友人、恋人、信頼できる先輩・・

 

それぞれとの人間関係の間に構築された「自分」がいる。

それと同時に隠された自分もいる。

 

 

女装癖のある友人から女装セットをもらっても「大きなお世話」のありがた迷惑だけど

 

女装癖のある友人へコテカをプレゼントしても同じく「大きなお世話」のありがた迷惑なのだ。

 

 

 

そんな僕はコテカをもらっても嬉しくない。そもそも嬉しい人なんているのか?

 

そんな思考がおこがましいものなんです。

 

f:id:sasataaaaa:20170316065548j:plain