読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんまるオシリのお月さま

カラダのコトとか人生とか悩みとかお尻とか

期待は虚しさを生む

みなさん、ハイハイレースというものをご存知でしょうか?

 

もう名前のまんまなので、知らない人もイメージできるかと思いますが・・・

 

 

 

これは全国各地から

 

 

予算を勝ち抜いた・・・かどうかは知りませんが、

 

 

本当に全国各地から、まだ1歳にも満たない子供が、

 

 

 

いや、子供を連れた親たちが集い、

 

 

 

 

 

 

我が子のハイハイを競わせるという、超貴族的な遊びなのです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな貴族的な遊びにも本気になってしまう親がいるのは恐ろしいことで・・・

他人よりも優越感を得たい親たちにとっては、それはもう血眼になるほどの壮絶な戦いなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人はすぐに他人と比べたがります。

 

 

 

それが自分自身の日々の鍛錬、目的を持って身を削った努力の結晶を他人と比べるのならまだしも・・まだ自我も形成されていない自分の子供を、見ず知らずの他人の子供と比べようとするからタチが悪い。

 

 

 

 

1位になった親は興奮して飛び跳ね舞い上がり、惜しくも敗れた親は悔しさに肩を落とす。

ゴールに辿り着くどころか、途中で進むことをやめてしまった子供に対しては「何をしているんだか・・」といった呆れた様子も見せる人もいる。

 

 

そこには毎年各家庭のドラマがあり、そして僕のように抽選で外れた家庭の親がそれを冷静に眺めるという光景が生まれるのです。

 

 

 

 

 

子育てというのは、親の価値観が思いっきり反映される。

いわば洗脳活動。親は教祖様。神様仏様親御様なのである。

 

 

 

 

僕自身、子育てをしていると日々悩むことばかり。

今の場面は叱るべきなのか?然るべき対応がわからない。そこに正解などありもしないのだけど、どうにも頭で考えすぎてしまう。

 

 

そんな時こそやらなければならないのは「相手と向き合うこと」だろう。

よく観察すること。察するということ。頭でいろいろ考えても、それは頭の中の選択肢しか浮かばないのだから。

 

相手と向き合う。言うが易し、行うが難しである。

だけど、そうやって子供を見ていると自分の頭にはなかった対応が生まれるということをよく経験する。

 

 

 

自分の価値観から抜け出すには、相手のことを本気で考え、向き合うことが大切になる。

 

 

 

ハイハイレース。それは親の価値観でしかない。

 

ただ楽しそうにしている子供もいれば、泣いてしまう子供もいる。

どちらにしても、その場の状況をあまりよく分かってはいない。

 

 

運動神経が伸びるのは3歳からという話も聞く。プレゴールデンエイジというらしい。

それを考えると、ハイハイレースの1位というのは今後の運動神経とはあまり関係がないように思える。

 

 

だけど1位の親はこう思う。「うちの子は運動神経が良い」と。

 

 

 

期待値が高まれば、そこに感動は生まれにくくなる。

期待値と現実のギャップが良い意味で大きいほど感動は生まれ、小さければ感動は小さい。逆転してしまえば、そこには虚しさが残る。

 

 

 

1位の子の親は「虚しさのリーチ」を手に入れた。

そう解釈することで、抽選に外れた自分を慰めるのです。

 

f:id:sasataaaaa:20170325235724j:plain