読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんまるオシリのお月さま

カラダのコトとか人生とか悩みとかお尻とか

人生を発酵させていきたいね

土曜日に久々の味噌仕込みをしてきた!

 

仕込みと言っても自宅でせっせと行うのではなく、毎度のことながら人を集め、麹屋さんを講師にお招きしての手前味噌教室開催。

 

自宅で仕込んだ方が安く仕上がるし楽かもしれないけど、大量の大豆を茹でれる時間も鍋もない。それに楽しいことは皆で共有したい!最近は周囲にも結構味噌作りに興味を持ってくれている人も増えている!

 

f:id:sasataaaaa:20170418055153j:plain

 

 

ということで、開催するときは食育活動の一環として最初に少しお話しさせて頂く時間を設けています。僕からは腸内細菌と発酵食品の話。

 

人前で話すときはそれ相応の事前準備をするのだけれど、今回改めて勉強をし直して発酵食品や微生物の素晴らしさを思い知らされた。

(最近の記事が腸内細菌に関することであったのもこれの影響)

 

 

 

発酵というとアルコールや漬物などの発酵食品のイメージが強いと思うけど、微生物の功績はそんな生ぬるいものではない。微生物がいなければこの地球はとっくに枯れ果てているだろう。

 

 

小学校の理科で習った当たり前の話なのだけど、微生物は食物連鎖で言うところの『動物の死骸や落ち葉などを土に還す』という仕事を担っている。そのおかげでこの地球上は動物の死骸がゴロゴロ転がっているわけではないし、土壌中の養分というのは生み出される。

 

水の浄化に関してもそう。川や海の汚染が問題になるけれど、微生物たちが浄化しているからまぁなんとかなっているんだ。

 

 

 

 

微生物は自分の仕事を全うする。

ただひたむきに、自分のやるべきことを。

 

 

それが人間にとって有益な場合は発酵と言われ、不利益な時は腐敗と言われる。

 

 

 

 

 

 

今回作った味噌も代表的な発酵食品なのだけど、発酵には時間がかかる。

例えば出来上がりに1年かかるとする。そのうちの364日と23時間は微生物の仕事である。

私たち人間が関わるのは一番最初の1時間。仕込みだけなんだ。

 

 

 

そこをどれだけ丁寧に愛を込めて取り組めるか?

それで味噌の出来上がりは変わってくるんだから面白い。

 

 

 

現代社会は時代の変化が早く、スピードを求められがちだけれど

 

未来に想いを馳せながら、目の前のことに丁寧に取り組む

 

すぐに結果が出なくとも、そうすることしかできないこともある。

今すぐに!という変化はわかりやすいけど、分りやすい変化ほど脆いものだ。

 

 

自然に委ねて。少しずつ人生を発酵させていけたらいいな・・